スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仮面ライダーキバ 感想 

井上脚本でした。
ホントに「あ、平成ライダーだ」というような第一話でした。
なんかモーショーグンの武器(違う)持ってた女の人の滑舌が悪めだゾ。
第一話だし、大抵こういうのは最後には良くなるのだ。
椿さん(仮面ライダー剣の剣崎役)もかなり滑舌良くなって、剣後半のオンドゥル語はどう考えてもこじつけ気味でしたし。面白いけど(笑)


ていうかキバ、OPがカッコいいなぁ。
バラの中に赤いライダーは映える。
デザインは結構好きです。杉田さんもなかなかいい感じにキバットとして馴染んでおります。あの形ではそんなバリバリにでしゃばらなさそうですし、ベルトの横についているアイテムを見るにキバットみたいなのは増えなさそうです。
主人公もやはり平成ライダーらしく変な奴ですが、今までのに比べたらなんか気弱なのに強いゾ。
デザインは前述の様にカッコいい。そして楽しい。
六つあるアイテムと、鎖と鎧で縛られたスーツ。いつ、どのパーツが使われるのか楽しみです。しかもライダーキックを使用可能。
うん。かなり面白くなりそう。
多分平成ライダーの中では第一話の期待度は一番高いです。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。