スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バッカーノ!第四話感想 

今日はなんとめずらしく画像付きだぜ。
でも最初から感想を書くのは面倒なので画像のシーンをちょこっと。といった具合。

今回の主役はラッドといっても過言ではない。ていうか前半のラッドが面白すぎる。
作画も今回は元に戻り(といっても僕は三話の作画レベルが落ちていたことに気が付きませんでしたが)場面の移り変わりもどんどん良くなり、好調な回でした。


ビッキーが早々と黒服に撃たれて死に、ちょうどその後にラッドが食堂車に。
十時間ほど前の場面に移ったりもしながらラッドのターン。
相変わらず黒服連中はダメ。ダメダメ。
銃持ってるのに丸腰のラッドの攻撃が届く距離まで歩かせる辺りが油断しすぎてダメ。
ラッドの言うように自分たちは殺されないという自信があったからなんでしょうね。乗客はもちろん、チンピラは逃げるし、白服はさっき1人殺した。列車内では最強のつもりだったのに、実はまだ二人は確実に強いのがいたんですよね(笑)
レイチェルは騒ぎの間に窓から逃げる。
でやっぱりラッドのターン。

1.jpg

二人いた黒服を、1人は黒服のトミーガンで撃ち、逃走させる。
残りの黒服を殴りまくり。トミーガン捨てるなww
ボクシング選手の名前を知らないアメリカ人は殺すとか言いつつ知ってても殺す。

2.jpg


お前は静かなる中条か。と言わんばかりのパンチ。
ていうかさっきの絵を見るとどうしても中条かと(笑)

壁に追いつめても意識を保っている黒服。
ラッドさんボクシングには自信がないようで、パンチ力ねーなぁーと嘆いております。
そして目つぶし、マウントポジションでたこ殴り。
ニコニコで見ていてコメントにヒット数が書かれていたのですが、確か40ヒットくらいしてた。オーバーキル。

3.jpg

場面は変わり、1990年。
帽子を買ったバカップルは街を歩く。
アイザックはマジにああなんだよなー。ミリアはちょっと違うが。
元はどうあれ、ミリアも2002年辺りになっていれば素でああなっていそうですが(笑)
道のど真ん中でくるくる踊る二人。
5.jpg


アイザックは「ミリアと一緒なら大統領になれる!キングだって、クイーンだって(略」と言ってますが、クイーンはムリだろう。
しかし、大丈夫だろうかこの二人。
普通に通行のジャマだ。


6.jpg

言ってるそばから思いっきり轢かれた。
この時点ではまだ不死者ではないのでケガが心配されますが、そんなことはお構いなく、車に向かって不意打ちとは卑怯な!とか勝負だ!とか言ってます。
もちろんこの車に乗っているのはセラードとエニス。
セラードは「若い者はわからん」と言ってますが、若い者でも彼らはわかりません。

二人は不死者の研究をする仲間の元へ行く。
不死の酒を所持しているバーンズの元へエニスは行く。
7.jpg


しかしむさい連中だな。加齢臭とかやばそう。
唯一の女性、しかも若いエニスがいなくなってからはこの部屋にはいたくない。

9.jpg


バーンズの所へ行ったものの火事。
バーンズの所為でなく、ランディとペッチョの仕業なのが可哀相。
それでもたぶん始末されるんだなぁ。

エニスの胸元がエロい。けしからん。
スーツの良さはこういうところにもありますよね。
完全ガードと思わせておいてこういうポイントをしっかり押さえている。
急いでバーンズを探そうとするエニスだったが、フィーロにぶつかる。
このアニメの良さは、こういう繋がりだと思います。
前回までのこのシーンが、このキャラの視点でこういう風に繋がる。というのがすごく面白い。
前にフィーロ視点でエニスにぶつかったが、今回はエニス視点でフィーロにぶつかった。
フィーロのかけた声は一応聞こえていたんだ。

8.jpg


ちゃっかり胸元ガード。
やばい可愛すぎる・・・!
まだセラードの言いなりの状態だったエニスでもしっかり女性らしいところがあるのか・・・!

そして場面は変わり、列車の中に。
もう動き出してるクレア!
白服も動き始めるし、だんだん面白くなってきた。
DVDが欲しくなったがどうしよう。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。