スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

違うか!違うか!!違うかぁああ!!! 

ジャイアントロボ 地球が静止する日、最終回まで見ました。
2巻から、特に4話辺りからは面白さが抜群。
上海でのアルベルト対戴宗や、上海から逃げる時の飛行船の戦い、雪山での鉄牛、梁山泊でBF団の色んなおっさんが次から次へと無双していく所なんかはもう感動。後半は名シーンがありすぎる。
最終回はテンション高いわ泣けるわで顔がエラいことになってました。「逃げるんだ!大作くん!」「ロボが僕を呼んでるんです!!」で大作と喧嘩してた連中や警察機構の面々が助けにきてくれて、最後に現れた鉄牛に泣いて、お父さんとロボに乗る大作くんでも泣き、ずっとロボに張り付いていたアルベルトでちょっと笑い、全力で衝撃波を出して散って行くシーンで泣いて・・・。
ラストまでずっとこんな感じでした。
これはホントに良いアニメだった。

衝撃のアルベルトをはじめ名前が素敵な所もいい。個人的には激動たるカワラザキがイチバン名前としては好き。静かなる中条、素晴らしきヒィッツカラルド、暮れなずむ幽鬼とかも好きだなー。
よくよく考えてみるとこういう四天王とか集団にある美女枠が無いんですよね、みんなじーさんおっさんでw

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。