スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんかもう、なんとも言えないような 

カレイドスター、DVD全巻見ました!
うっわ、うっわー。なんだこの神アニメ。
まず本編。なんとなく最後は駆け足気味な気はしたけど、多分こんなもんだろう。
最終回で実家にそらの両親を連れ込むケンに笑った。もういい加減くっつけよ!(笑)
雰囲気は、そろそろいけるんじゃないかなーという感じかと思うよ。ケンがんばれ。

最後の白鳥の湖は終始涙。アンナのとこからな!(笑)
みんな第一話から最終回にかけて、凄く自然に役割が変わってるんだよなぁ。


「笑わない すごい お姫様」は面白かったけど、ちょっと蛇足な感じがした。っていうかなんかみんなちょっとキャラが違うような気がしなくもない。レオンはもうヤバいだろ(笑)
あとカメラワークが何故かエロい。アニメバンブーを思い出したゾ。

「レイラ・ハミルトン物語」。もうこれがヤバい。
カレイドスターを今まで見てきて、ラストにこれで締められるともう感無量っていうか、「あぁ、終わったんだなぁ・・・」ってなる。
眼鏡かけて、車も運転できるケンにちょっと違和感覚えたけど、マリオンが多分正式にメンバー入りしてたり、マッコリーがブロードウェイで普通にメンバーになってるのを見ると、下手すりゃ最終回から1年くらい経ってんじゃねーかと思った。
白鳥の湖もロングランして、ちょうど公演終わったみたいだし。
いやしかしレイラ・ハミルトン物語はほんとに良かった。最初見た時「劇場版だ!このクオリティは劇場版だ!」とテンション上がった作画や、レイラに合った穏やかな感じの展開と、ラストの悩みが吹っ切れるシーン。全部が良かった。
今まで見てきて良かった。また1から借り直したいぞ。

このOVAのケンとそらはもう付き合ってんじゃないかな。なんとなく。
さすがにそれはないか・・・ケンとそらメインのOVAは出るべきだったろうに。
他にイマイチくっつく相手もいないだろうし、ポリスのプロポーズの回みたいなのやっても良かったハズ!(笑)

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。