スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

きがくるっとる 

カレイドスター、DVD15巻見ました。

きがくるっとる・・・!

今まで見たアニメの中でもかなり高いレベルの鬼特訓です。ていうかもう苦行だゾあれは。
作中では結構さらりと流してるけどさ、足の皮がよく剥けるスポーツやってる人としては、あの状態であんな修行が出来るのは異常なほどの執念があればこそだと思う。ゼスモス出るよ!

ユーリは相変わらず悪そうな役がぴったり。
また笑ってしまった。いい人なんだけどね・・・。
一期の時も、カロスの事さえ無ければ普通に良い人だったし。


好きなのでツッコミたくなかった、争いの無いステージ=あの状態からでは逃げになってしまう っていう所がしっかりフォローされたというか、フェスティバルの場であろうが、何であろうが天使の心を引き出してみせるっていう決意に変わったのは良かったと思う。
お話がみんなすっげー上手く纏まってるんですよね!
正直フェスティバルとか、主役争いとか、そういうの放置で行ってしまうのかと思ってた。

あと、ツンツンツンしてたメイがめちゃくちゃ優しくなってて噴いた。
レオンもすっかり優しくなって、今ではすっかりそらに押され気味になってしまっている。水責め好きなのは相変わらずだが。
ていうかカレイドステージの連中は水責め好きすぎるんだって。
かといってそらを女の子扱いするのはフールとケンだけ。これはひどい。
15巻になって、ついにセクハラが下着にも及んだフールさん。多分ずっと思ってたけど、言わなかったんだろうなぁ。
日本に帰ってきてもスポーツブラだったから、いい加減注意したんでしょうか。

あと、こんな過酷な展開の中でもサラさんは一人だけ遊んでる。ある意味大物だ。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。